• admin@ryo324.com

キックの精度

決定的なチャンスでボールマンを警戒しているときに、ゴール前のスペースに定り込んだ自分にパスが 来た。こんな絶対的な得点チャンスでは、とにかくポールをよく見て狙った方向に押し出 しゴールの空きスペースに流し込む。強力なシュートを打つ必要はまったくないので、このと きは狙いどおりに蹴れるインサイド、キックが有効。ただし、もたもたしているとキーパーが自 分のところに来てしまうので、ダイレク卜でそのまま流し込もう。

狙って蹴れる、しかも強力に。遠くでもキーパーのスキが見えたらシュートチャンスです! しかし近距離からのシュー卜とちがい、 ゆるいシュー卜では簡単にキーパーにキャッチされます。遠くからのシュー卜は正確さもさること ながら、スピードも必要になってきます。 このとき有効なのが、つま先の内側を使うインフロントキックです。足の甲でボールを蹴るインステップキックも強力だが、足の甲の凹白で精度が下が ってしまうこともある。遠くからの狙いすましたシュートでは、インフロントキックを使おう。

おすすめサイト:神奈川・横浜のフットサル大会ならヴァンクールスポーツ!!