• admin@ryo324.com

フェイント

フットサル大会でとても有効なパスは自陣方向から、ポールが転がってくる方向にカラダを向けてもらう場合がほとんどです。 そのため、敵ゴールへ向かうには力ラダの向きを変える必要がある。足裏を使ったターンなど、ポールは足元にあるのでカットされる可能性は低く、すばやく方向転換できる。慣れればドリブル中やトラップ直後でも、敵にカラダを預けてのポールキープができるようになり、 敵がすぐそばにいる危険な状況でも落ち着いて対処できます。

フェイントを入れたら相手を見る! 敵の体勢を崩せれば、よりかわしやすくなる。しかし、たた、フェイン卜をすればいいわけでは ない。本気でパスするように動き、必す敵の足元や全身を見ながら引っかかったかどうか確認すること。カットできると思わせ足を出させるのがベストだが、迷わせたり片足に体重が 乗るようにするだけでも有効です。だか敵が引っかかっていないのに曲がろうとすると、ポールをあっさり取られてしまう。フェイントは敵を確認しながらこれを怠らないことです。