• admin@ryo324.com

敵が予測できないプレーをする

敵が予測できないプレーをする

フットサルにおいて創造|主はとても重要な要素を占めてし唱。敵の予測を超えたプレーをするということは、それだけゴールに結びっく可能性か冨くなるからである。でも、日本人は決められたパターンを覚えるのはとても得意だけれど、予想外のシチュ工ーションが起こったときの対応力が足りないのも事実だ。樹首を実行している途中に通そうと思っているパスコースに敵が立っているだけで、慌てて戸惑ってしまうような場面は数多く見受けられる。戦術はあくまでも1つの方法であって絶対ではない。大切なのは戦術を遂行することではなくて、ゴールを奪うこと|ブラジルでは子イ共の頃からフットサルに慣れ親しんでいるから、1つの選択肢がダメでも次のイメージカず自然と湧いてくる。これは文化の遣いといってもいいかもしれない。この本を読んでいろいろな戦術にトライしてくれるのはうれしいけれど同時に単封柑に捕らわれすぎずに、常にその時点でベストなチョイスをできる判断力を養っていってほしし1。もう1つ、日本語で「ず、る賢し、」を意味するマリーシア。ルールの範囲内で出来うるギリギリのプレーによって点を取る。これが決まったときの敵の悔しそうな顔ときたらたまらない。狭いピッチに10人がひしめくフットサルでは、敵の裏をかかないとゴールすることは難しい。勝つためには常に「敵が予測できないプレーをする」のが正しいやり方だ。

admin

メッセージを残す