• admin@ryo324.com

必要以上に距離を取るのはだめ

必要以上に距離を取るのはだめ

ドリフラーとのマッチアップでは、直接マークする選手よりも、カハーリングをする“2人目の選手”がカギです。1対1で抜かれることを想定して、自分のマークに注意を払いながら、味方がかわされてもすぐに助けにいける準備をしておきます。素早くカバーしプレーを遅らせて、昧方が戻る時聞を作ることが大事です。

初心者のチームでは2人で挟みにく場面を良く見ますが、これはオススメできません。2人で挟みにいって突破されたときは大ピンチになるので、挟むのはコーナースポッ卜に追いつめたときなど明らかに数的有利のときだけにしましょう。

また、ドリフルで抜かれるのが怖いからといって必要以上に距離を取るのもよくありません。1人が下がることで全体的に押し込まれてしまいます。ポールへのプレッシャーは変えずにしっかり寄せて、他の選手がカバーするのが鉄則です。

 

 

admin

メッセージを残す