• admin@ryo324.com

フットサルの考え方の戦略性について

フットサルの考え方の戦略性について

フットサルはずる賢い人ほど上手であるという風に言われることも多いほど、戦略性やフェイントなどが大きな意味を持つスポーツであるという風に言われることが、しばしばあるようです。最も、一般的なものとして挙げられるのはフェイクパスと呼ばれるものでパスをしようとする動作から、ボールをピタッと止める技術で少しでも動きがずれてしまうとボールを蹴りだしてしまったり、横に転がしてしまったりすることにもつながるため技術が求められることであることは間違いないと言えそうです。実際、どんなに難しい場合であっても試合などでは、このようなフェイントが有効に働くことは、多く相手を予期しないいって言う動かしたりすることもできるわけです。明日の場合にはボールを蹴りだすというように意識を持っていくのではなく、ボールの上を踏むという意識を持っておくとうまくボールをキープして止めることができるという風に考えられるようです。サッカーとは大きく異なりフリーになっている味方がいるからといって、必ずしもパスをするのではなく自分自身の体制が異なっており、うまくいきそうであれば一人でボールを持って行ってもいいかもしれません。とりわけ周囲を見渡すことに意識を置きすぎてしまうとなるべく味方にパスをしたほうがいいというような考え方に至ってしまう人が、多いかもしれませんが決してそのようではなく、相手にボールを奪われる危険性があるというプレーを防ぐ方がいいかもしれません。フットサルにおいてはパスをしないという選択肢もあるということが重要だという風に言えるでしょう。

admin

メッセージを残す