• admin@ryo324.com

テーピングによる予防を身に付けよう

テーピングによる予防を身に付けよう

足首は皆さんが考えている以上に関節が存在するかもしれません。サッカーやフットサルでは、足の関節を手を操るように複雑に使いますが、テーピングなどでダメージを受けた足首を補強する際には、その関節のそれぞれの役目や動きを把握しておくことが大切です。

手首や足首は、スポーツをする上で、ケガをしやすい部位でもあります。ねんざ、腱鞘炎は運動選手であれば当たり前であると言う方もいらっしゃしますが、テーピングなどをうまく利用することで、事前に予防できる炎症やケガもありますので、ご自身の身体機能やその働きを知っていただくと同時に、テーピングの働きや役割についてもご理解いただきたいと常に考えております。

何度も同じ部位にねんざを繰り返したり、腱鞘炎を患うことは、年齢を重ねるごとに大きなケガや故障へと発展される方もいらっしゃいます。

スポーツをする上で、ケガや故障のすべてを未然に防ぐことは皆無でありますが、小さなケガや故障を大きなダメージにしない予防対策を行うことはできますので、テーピングなどの補強をうまく利用しながらスポーツする楽しみを年齢を問わずに満喫していただきたいです。

admin

メッセージを残す